ふるさと青汁でこっそりダイエット

ふるさと青汁を飲んでダイエットに成功した主婦の体験談が情報誌に掲載されていました。

彼女は看護師で、仕事では立ちっぱなし歩きっぱなしの連続だったそうです。若い頃はさほど苦にならなかったそうですが、年齢を重ねるにつれ、足が重たくなり、ときには足を引きずって歩くようにもなっていたそうです。しかも思うにまかせで食事をしていると、ジーパンのベルト部分にも贅肉が乗ってしまうほど太ってしまったそうです。

そこで彼女は雑誌で話題になっていたふるさと青汁を試したそうです。飲み始めてから数ヶ月経つと、いつもきつきつだったナースサンダルのベルトがゆるゆるになったそうです。しかも体のラインもきれいになり、シルエットが若い頃のようにほっそりとしたそうです。

思った以上に短期間に痩せることができて彼女は非常に満足したと言うことでした。青汁でもダイエットができるものなんですね。

意外なダイエット成功法

ダイエットは何をもって成功とするのか?をあえて明確にしないことで、ダイエットの成功率は上がると思います。

もっとも一般的な目標は「何㎏まで体重(体脂肪)を下げよう!」だと思います。ですが、これは一時的に体重(体脂肪)を下げることに成功したとしても、それを維持し続けられるかどうかまでは、目標に入れていない人が多いのではないでしょうか。これでは、目標達成後しばらくして、また元の体系に戻ってしまい結局ダイエットは失敗になる可能性があります。
そこでおすすめなのが、あえて目標の体重(体脂肪)の数値は設定せずに、自分の毎日の習慣だけを変える方法です。
例えば、「これから食事の前に、必ず100グラムの生野菜サラダを食べよう」とか「これから絶対にエスカレーターやエレベーターは使わない」などの目標にするのです。
これなら、続けることが自然と習慣になり、「食べてはいけない」とか「何㎏までは我慢しないと」などのプレッシャーがないことから、長い目で見て最も健康的にダイエットに取り組み続けられると思うのです。
気楽に始められるので、ぜひ一度お試しください。

ダイエットを成功するための方法

ダイエットをしようと思ってもなかなか続けるのが難しいと感じている方、多くいらっしゃると思います。

ダイエットに成功するためにはどうすればいいのかその方法を考えていきたいと思います。まず、自分の無理のない範囲で今日の目標を設定することです。例えば、今日は一駅分ウォーキングして帰ろうとか甘いおやつを我慢するなど何でもいいので自分なりの今日の目標を決めることが大切です。目標を日々達成することにより自信がつき、また今日も目標を達成しようと前向きに頑張ることができるのです。次に、体重が増えて着られなくなってしまった洋服をまた再び着られるようになるといった最終目標を決めることです。痩せたら、気に入っていた洋服をまた着られるようになりたいと決めれば、ダイエットへのモチベーションを上げることができるのです。このような方法を実践すれば、無理なくダイエットをすることができ、理想の体型を手に入れられると思います。